せいかつがかり

生活に関する色々な情報をお届けします

暮らし

amazonファミリーのおむつが安い 定期購入のお得さを解説 子育て世代に

2017/02/24

子育て中のみなさんで紙おむつを使っている方は多いでしょう。
おむつの購入って、ドラッグストアなどで毎回買うのって大変じゃないですか?

amazonのファミリー会員(プライム会員)ならお得に買えますよ。
こちらではおむつをお得に、楽に買えるamazonファミリーの魅力について
実際使っている私の体験とともにお伝えします。

  

amazonファミリーでおむつをお安く買おう

子育て世代にとっておむつは必需品ですね。
切らすことのないように少なくなったら、
日曜ごとに買いに行ったり、まとめて買ったり。

最近はあまり聞きませんが、中国の買い占め問題から
一時はメリーズやパンパースのSサイズがどこに行っても売ってない。
ということもありました。

私がamazonファミリーを使い始めたのも中国の買占めの頃です。
もともと意図して入ったわけではないプライム会員でしたが、
おむつを楽に買えるようになってからは特にファミリー会員の恩恵にあやかり、
とてもありがたく思っています。
amazonファミリー会員の何がすごいのかお話していきます。

おむつとおしりふきが15%オフ

プライム会員の「定期おトク便」を使えば、
親の好みもありますが、おむつとおしりふきが15%割り引きでできます。

スクリーンショット 2017-02-13 00.55.42

少しややこしいのですが、
「定期おトク便」とは、定期購入することで通常の注文より5%安くなります。
主に扱っているのは消耗品でウチはおむつとマスクを定期購入しています。

「プライム会員」と「ファミリー会員」なのですが、
「プライム会員」とは年会費3,900円で配送料無料になったり、
翌日送られてきたり、さまざまなサービス(※後述します)を受けられるものです。

「ファミリー会員」とはamazonが子育て世代を応援するサービスで、
おむつの他、ミルクやベビー用品、洗剤といったものが、
特別セールや割引キャンペーンで安く購入できる、といったサービスです。
ファミリー会員だけ登録してもお安く買えるものもありますが、
プライム会員でないと、プラス10%がつかなく、定期おトク便は15%になりません

スクリーンショット 2017-02-13 00.20.48

定期おトク便はお子さんの成長に合わせてサイズを変更できますし、
(実際にはSサイズを終了、Mサイズの定期開始といった形)
「今月は余っているからいいか~」という時は今月ぶんをキャンセル、
数だけ少なくしたい時にも選べます。
早めにほしいときにも配達日を変更できたりと、
都合に合わせて注文を変更できるので、自由度は高いです。
スクリーンショット 2017-02-13 00.57.43
ウチはおむつ(毎月2箱)とマスク(2ヶ月毎に1箱)定期購入しています。

amazonファミリーのおむつ、定期購入のお得さ

実際、安く買うだけなら私の近所のドラッグストアでも安く売っていたりします。
こちらのパンツタイプ、Lサイズのものなら
2個(88枚枚)で2,180円、1枚あたり24.8円ですね。
_20170213_094438
amazonでは
2個(112枚)で
ただ安く買えるだけなら、2,703円、1枚あたり24.1円と大差ないです。
ama
そんなら、お安いところ廻って買うわ。
年会費もかかるんでしょ。といった声が聞こえてきそうですが、
amazonの定期購入にはお値段以上のお得さがあります。

定期購入のお得さ ①確実に欲しい個数送られてくる

前項で少し触れましたが、中国の買占め問題の時、
売っているかもわからない状態で2軒3軒回ったときもあります。
つまり、確実に買えるとは限らないという点です。

この点、amazonでは、私が利用し始めてもうすぐ2年が経とうとしていますが、
一度も「在庫がなくて、今月はこれだけで」
ということはありませんでした。

加えてお店では「お1人様2点限り」などとなっていますね。
これは家族と一緒に行ったりすることで回避はできるものの、
どこかの転売屋であるまいし、そこまでするか感は出したくないものです。

このようにあったとしても、個数制限されているところは多いですよね。

定期購入のお得さ ②自宅や指定した場所に送られてくる

子供連れの買い物って、だっこ紐しながらとか、
どこかに行ってしまったりとか大変ですよね。

おむつも2袋以上になるとかなりの重さを感じます。
会計を済ませたら、大量のおむつは持たなくちゃだし、子供は見なきゃだし、
とにかく家の中におむつを入れるまでもが重労働です。

amazonに限らずですが、おむつが玄関先に届くのはものすごく楽です。
配送のお兄さんに「ありがとう」というだけでいいんですよ。

ベビーショップとかドラッグストアとかでおむつを抱えて並んでいる人
全てに教えてあげたいぐらいです。
でもそんなことしたらお店の営業妨害になりかねないので、さすがにね。

実際、私の身近にいる子育て世代の方には教えていますよ。
教えてくれてありがとう、これから楽になるわ~、と言っていただけます。

ちなみに送り先は事前に登録しておけば、自宅以外のところへも配送可能です。
例えば、実家で帰省しての最初1ヶ月ぶんなど、
次回から配送先を変えれば、また自宅に戻ってきてから送られてきます。

このように、おむつをお安く買える、それ以外に
欲しいぶんだけ確実に
買い物の労力がかからず、自宅へ届く
このようなメリットだけでも、充分年会費の元はとれていると思います。

子育て世代にファミリー会員(プライム会員)お得か否か

このようにおむつだけで考えてもamazonの定期購入のメリットは充分あります。
年会費3,900円といっても月額325円です。

気付いたらプライム会員になっている

実は私はamazonの魅力に惹かれて、
ファミリー会員やプライム会員になったわけでなく、
勝手になってしまった側の人間です。

「プライム」のサービスが開始した頃、1ヶ月体験無料とかの流れに飲み込まれ、
もちろん体験無料の期間を忘れてそのまま年会費を払うといったパターンです。

今のファミリー会員も見ているところどうやらそのような流れにあります。
スクリーンショット 2017-02-13 00.54.21
30日間の無料体験を試すというボタンからファミリー会員とプライム会員の
登録をしていくことになるのですが、
無料体験の試用期間が近づいてもお知らせがなく、
画面上はどこかに表記されているとは思いますが、気付かないものです。
そして無料期間が終わったら自動的にプライム会員になって3,900請求される
いったカタチです。

会員登録は簡単なもので、画面に従い必要事項を記載していくだけで
スルスルと進んでいけます。
このカタチが「だまされた」とか「そんなつもりはなかった」という
声で、実際私もプライム会員になっていたことがわかったときには
そのような心持ちでした。

それでもプライム会員でいる理由

何度も言いますが、年会費3,900円といっても月額325円です。
プライム会員はさまざまなサービスがあると前述しましたが、

・2000作品以上の映画やドラマが見放題
・100万曲以上の楽曲が聴き放題
・ラジオも聴き放題
・写真も容量無制限で保存できる
・オーディブル3ヶ月無料
・Kindle端末が4000円引
・Kindle本が毎月1冊タダで読める
・配送料無料
・1時間以内で配達可能な地域も
・日用品が安く買える
・赤ちゃん用品も安く買える
・まとめて配送しちゃえばさらに安い
・タイムセールも早く参加できる
・ボタンを押せば注文完了できる
といったものがあります。

いろいろあってお得なのですが、
実際、子育て世代というのはそんなに自分のために時間を作ったりという余裕は
あまりないものだと思います。

私が使っているサービスは
・配送料無料
・ファミリー会員(定期おトク便で15%オフ)
・プライムビデオ(映画やドラマが見放題)
・プライムフォト(写真も容量無制限で保存できる)
これぐらいです。

プライムビデオは配信されている映画やドラマが多く、
私の場合だと海外ドラマが好きなのですが、
夜中見ていたりで充分元をとれています。

プライムフォトは最近始めたばかりなのですが、
子供の写真を容量の制限なく保存できます。
試しにこれまで貯めてきた写真を全部入れましたが、
本当に容量無制限のようです。

私はなかなか印刷できずにデータとしてそのまま持ってしまっているのですが、
そんな方は私だけではないと思います。
たとえ印刷してもデータも持ち続けたいですよね。

子供の写真はプラスレスですし、仮に何かの問題で消えてしまったりすると
50年は後悔するでしょうね。
写真は無制限、これは子育て世代の親たちが頼れるすごいサービスですね。
動画は5GBまではプライムの範囲内でそれ以上だと有料(13,800円)です。

他にもプライム会員でなにかとお得なことはあるのでしょうけど、
実際使っている私としては、これだけ使えて月換算325円は本当にお得です。
年会費3,900円といっても充分なサービスを使えるでしょう。

まとめ

amazonのファミリー会員についておむつの購入のお得
安さ・確実さ・楽さについて。
プライム会員の年会費も決して高くないこと、をお伝えしてきました。

これから子育ていていく新しいお父さんお母さん、
amazonファミリーは絶対お得です。
ぜひ利用して賢く楽に楽しくお買い物やサービスを使ってみてください。
スクリーンショット 2017-02-13 00.20.48

-暮らし
-,