せいかつがかり

生活に関する色々な情報をお届けします

冬(12~2月)のイベント

ホワイトデー義理チョコのお返しは何がいい?女ゴコロとできる男

今年のバレンタインデー、義理チョコは貰いましたか?

毎年、頭を悩ますのがホワイトデー、義理チョコのお返しですよね。
義理でもらったものを義理で返す。なんともおかしな習慣です。

でも、だからといってお返しをしないのもなんだかスッキリしません。
もらったものはお返しをしなくてはなりませんね。

どうせお返しするなら、他の人とは違う「できる男」になりませんか?

  

義理チョコのお返しに潜む女ゴコロとは?

義理チョコのお返し、そもそもの発端は義理チョコですよね。
義理チョコがなくなれば、お返しもしなくて済むのですが、
女性はなぜ義理チョコを渡すのか、
やはりそこには社会の中で生きていくジレンマといいますか、社交辞令です。

あるアンケートで、義理チョコのホワイトデーに望むお返しでは、
1位が「お返しはいらない」という意見、
2位がクッキー、3位からはその他のお菓子の続くわけですが、
大多数の女性は「お返しはいらない」と思っているようです。

「ホワイトデーは3倍返しで」などといった言葉がありますが、
義理チョコにいたっては、お返しすら期待してないわけです。
会社でいうと、社交辞令だから義理チョコを贈っているのであって、
何かを期待したり、見返りを求めていることはないのです。

しかし期待はしてないけど、やっぱりもらうと嬉しいと感じるのが女ゴコロです。
男性には理解に苦しむ、昼休みのお菓子のシェア、
あれも「あげる・返す」を楽しんでいる女性独特の社会ですよね。

女性に限らずですが、何かをくれた人には好印象を持ったりしますよね。
「○○さんもおひとつどうぞ~」と何かもらったことはないですか?
別に食べたいと思っていなくでも、嬉しいものですし、
その子の印象ってよくなりますよね。
女性はその嬉しい振り幅が大きいのです。

また、女性ももちろんホワイトデーとわかっていて出勤してきます。
バレンタインデーに適当に配って回ったわけではないので、
当然誰に配ったかも覚えています。
お返しをくれた人とくれなかった人、(期待はしてなくても)それは残ります。
もしかしたら給湯室や女性同士で話のネタにされているかもしれません。

しかし逆を言えば義理チョコのお返しをすることで好印象になり、
返すもの次第では「できる男」とみられることもあります。
ならば、今年のホワイトデー、適当にお返しをするのではなく、
できる男になってみませんか?

義理チョコのお返し できる男の心構え

義理チョコのお返し、渡すなら喜ばれたいですよね。
ホワイトデーの贈り物として、注意したい点があります。

形が残らないもの

ひとつは、形が残らないものです。
食べ物など、消費して残らないものがいいです。

ダメな典型パターンとして下着があげられますね。
充分論外なのですが、想像してみてください、
義理チョコで渡したのに下着。もちろん着ることもないし、ゴミ箱行きでしょう。

たとえかわいい文房具だったとしても、会社で渡されたからには、
「使ってます」アピールを強要することになります。
ハンカチなど男性としては気軽に選べるものですが、
既未婚に関わらず、もし夫や彼氏がいたら、
他の男からもらったものを使うことになります。
あなたの立場だったらいやですよね~。
食べたら終わり、そんな気軽なものの方が喜ばれます。

義理チョコと同じか、やや高いもの

義理チョコの相場はだいたい500~1,000円程度といわれています。
あまり高そうなものをお返しでもらうと、かえって気を遣わせてしまいます。
また、本命と誤解されるということも避けたいところです。

複数の女性から貰っている場合でも、
金額は皆同じもので、品物自体も同じものを贈ったほうがいいです。
「あの子には高いもので、私には安いものだった」
などと言われてはかないませんからね。

ホワイトデー近くになると(バレンタインが終わるとすぐに?)
デパートやモールでホワイトデーコーナーが設けられます。
500~1,000円のものが多く並ぶので、その中から選べば問題ないでしょう。

渡し方にも気をつけたい

義理チョコのお返しなので、他の人もいる前でできるだけ渡しましょう。
わざわざ2人の時に渡そうとしたり、呼び寄せたりすると、勘違いされることも。
渡す女性自身はもちろん、周囲に女性(チョコはもらってない)がいても
バレンタインデーのお返しということを認識してもらうためにも、
さらっと返すようにしましょう。

ホワイトデー義理チョコのお返しは何がいい?

500~1,000円程度の食べ物等でなくなるもの、
その中からセンスのあるものを選ぶにはその中からどういったものがいいのか、
それではみていきましょう。

ブランドのクッキー

一番無難なものでよく選ばれるクッキーですが、
デパ地下などで売っているようなブランドのクッキーです。

女性はどこのものかよくみています。
どこぞのクッキーと、ブランドもののクッキー、
他と差が出る印象が残ることでしょう。

お取り寄せスイーツ

そこらで売っているものと大きく差を出すといえば、お取り寄せスイーツです。
女性のスイーツのアンテナはwi-fi並です。
この手の食べ物に敏感な女性は、ここらでは手に入らないものというのに
気付きます。

大きい駅に入っていてる有名なものでも、十分効果は高いのですが、
お取り寄せという、ひと手間かけた感が嬉しく感じてくれるでしょう。

お取り寄せの際には日持ちがするものなど、賞味期限に気をつけましょう。

おいもや

バレンタイン限定チョコレート 義理チョコまつばと林檎ポテト あす楽


こんなイメージです。

もち吉のあられチョコ

せんべいやおかきで有名なもち吉。
チョコレートをコーティングしてあるおかきです。

画像は時期的にバレンタインのものしかなかったのですが、
外れのない変わり種として、私おすすめの一品です。
ホワイトデーの時にはホワイトチョコレートバージョンも出してたはずです。

あられチョコ

(※期日指定2月15日まで)ちょこあられ ミルクチョコ バレンタイン 化粧箱


純粋におかきというのもありですね。
もち吉 500~1,000円

番外編

なくなるもの=消耗品という点では微妙なのですが、
入浴際やハンドクリームなども好まれるようです。

女性から感想を行ってくるのであればよいのですが、
「どうだった?」と聞いてしまっては、それは強要です。
「できる男」はさらりと渡す。それだけでいいのです。

ロクシタンのハンドクリーム

ロクシタン L'OCCITANE ラベンダー リラックス ハンドクリーム 30mL (loccitane ギフト プレゼント)

まとめ

ホワイトデーのお返しについてお話してきました。
食べ物などの消耗品で価格はバレンタインおおよそ500~1,000円のもの。
同じものを女性にあげる。
さらりと渡す。

あまり深く考えずにサバサバしていたほうが、女性の印象はよいでしょう。
今年のホワイトデー、できればあなたが楽しめる、そんなイベントに
感じれるといいですね。

-冬(12~2月)のイベント
-,