せいかつがかり

生活に関する色々な情報をお届けします

掃除・洗濯 暮らし

洗濯槽のカビ対策!何度やっても出続ける原因は?おすすめはコレ!

2017/04/11

洗濯槽のカビ取りをしようとして、市販の製品でやってはみたものの、何度やっても出続けて途方に暮れていませんか?程度にもよりますが、このまま洗濯したら洗濯物が浮き出ている汚れで大変なことになってしまいますよね。

こちらでは洗濯槽掃除でカビがなくならない原因とその対策をご紹介します。

  

洗濯槽のカビ対策 カビがなくならない原因は?

まず洗濯槽のカビの原因からおさらいしていきますね。カビの原因で一番多いのが、洗濯のときに溶け残った洗剤の溶け残りや石けんの一部です。できるだけキレイに、と洗剤を規定量よりも多く入れていることが事の発端となります。

そこにカビに適した湿度や温度から汚れがカビのエサとなり、繁殖していくのですが、この過程を繰り返していくうちにどんどんカビが広がり、大きくなり層となっていきます。

そして洗濯槽のカビ取りをしたわけですよね?市販の説明書きどおりしたのに「なんで~?」とお思いでしょう。

カビが出続けたり、何度やっても取り切れないのは、中途半端に剥がしてしまったために次から次へと出てきているという状態です。
カビやいわゆるピロピロワカメを一度にすっきり落とせなかったりすると、何回やってもなくならないので、すすぎを何度も繰り返すことになってしまいますね。

考えた方によっては、途中まではがれているので、あと一息です。

がんばれ!!

ってわけにはいかないので、対策をお教えします。

お湯を使っても一度試してみよう

お湯を使ってもカビが出続けているのであれば、次の項へお進みください。

市販の製品を使っているとき「槽洗浄」のコースでそのまま給水の水で使っていませんか?洗浄クリーナーのメーカー的にはそれほど強くお湯での推奨をしていませんが、やはりお湯のほうが汚れが落ちるという口コミがあります。

熱湯ではなく40~50℃ほどのお湯を使いましょう。
お風呂の残り湯を使ってもいいですよ。

浮き出てきた汚れをゴミ取りのネット(ハンガーとストッキングで自作可能)で
数回に分けてすくいつつ、様子を見ます。

酸素系漂白剤を使った洗濯槽の掃除の記事はこちら
洗濯槽のカビ掃除 酸素系漂白剤の使い方 引くほど取れるから倒れそう

お湯を使ってもダメな場合、よほど頑固な汚れが蓄積していたということですね。
次の対策に進みましょう。

出続けるカビには洗濯槽クリーナー

市販のものでなく、メーカー純正の洗濯槽クリーナーを使います。
市販のものに比べればお値段はお高いですが、やはりメーカー純正と言うこともあり、効果を発揮してくれます。市販品より強力なのです。

こちらでも純正洗濯槽クリーナーとの違いの記事を書いています。
洗濯槽クリーナー塩素系と酸素系漂白剤の違いは?市販と純正の違いは?

洗濯槽から汚れが出続けてしまう場合でも、このクリーナーであればたいてい1回で洗浄できます。

各洗濯機メーカーとも内容は同じで、塩素系1500ml入を1回使い切りで定価2,100円で売っています。

日立の洗濯機を使っていても、パナソニックのものも使えますし、手に入りやすいものでけっこうです。

>パナソニック 洗濯漕クリーナー 塩素系 N-W1 1500ml【楽天24】[パナソニック 洗濯槽クリーナー]

>【あす楽対象】 日立 HITACHI 洗濯槽クリーナー SK-1[SK1]

>【在庫あり】 東芝 洗濯槽クリーナー(洗濯槽のかび取り用洗浄液) T-W1 送料無料


市販のものと比べて
・高い濃度なので洗浄力が高い
・カビを溶かすので排水のトラブルが少ない
・防サビ剤入りなので安心して使える
という点があります。

各メーカーによって多少違うかもしれませんが、日立のものは
・槽洗浄(3時間コース):槽内のにおいが気になるとき
・槽洗浄(11時間コース):黒カビや石けんかすが発生したとき
・槽乾燥:30分間の乾燥運転で洗濯槽を乾燥させ、黒カビの発生を抑えます
というコースがあります。11時間の洗浄モードで行いましょう。

洗濯機・洗浄クリーナーの説明書を見ながら行い、すっきり汚れが分解されて無限ループから脱出できるでしょう。

この記事を読んでいてすぐに純正のクリーナーを用意できるわけではないと思うので、今ある洗濯物も溜まっていく一方になってしまいますよね。一度コインランドリーなどに行き、洗濯物を消化させてしまいましょう。

まとめ

洗濯槽のなくならないカビについてお話してきました。
純正のクリーナーは年に1回使うことが推奨されています。一度すっきりきれいになったら、できれば1ヶ月に1回市販の洗浄クリーナーで槽洗浄するようにしましょう。

また、洗濯機のふたを閉めたままにして湿気をこもらせないようにし、普段からの対策を気をつけて臭いやカビ防止に努めましょう。

臭いや洗濯槽掃除についての関連記事はこちら
タオルの臭いの取り方 つけ置きの時間は?今日からできる対策は?
梅雨の部屋干し臭いの対策 干し方は?早く乾かすには風の通り道
洗濯槽のカビ掃除 酸素系漂白剤の使い方 引くほど取れるから倒れそう
洗濯槽クリーナー塩素系と酸素系漂白剤の違いは?市販と純正の違いは?

-掃除・洗濯, 暮らし
-,