せいかつがかり

生活に関する色々な情報をお届けします

食べ物

ルマンドアイスはどこで売ってる?自作とは違うの?通販では買えるの?

2017/03/20

みなさん、ルマンドアイスってご存知でしょうか?サクサクと歯ざわりのいいルマンドとアイスが合わさったものですが、地域限定販売ということで話題になっています。
気になるとやっぱり一度は食べてみたいですよね~。
こちらではルマンドアイスの販売店や通販での購入について、また気になるお味についてお話していきます。

  

ルマンドアイスはどこで売ってる?

ルマンドアイスはどこで売ってる?

■ルマンドアイス商品概要
ルマンドアイスは、アイスクリームの中にミニタイプのクレープクッキー“ルマンド”をまるごと入れ、食べやすいモナカタイプに仕上げました。
四つ割りタイプのモナカにはルマンドが4本入っており、ルマンドのサクサク食感がお楽しみいただけます。
さらに、コクのあるココア風味のクリームをアイスクリームにコーティングすることで、ルマンドの味わいをイメージしました。

販売店: コンビニエンスストア、量販店、ドラッグストア、小売店、売店など
価格:243円(税込み)

出典:ルマンドアイス - ブルボンより

「ルマンドアイス」は、2016年8月8日(月)に新潟県および北陸3県(富山県、石川県、福井県)で販売を開始しました。
発売以来、大変な話題を呼び、ブルボンの当初計画を大幅に上回る売れ行きで生産が追いつかないということもありました。
その際には新潟県のみの販売し、販売エリアを縮小したこともあります。

なぜ新潟は外さないかというと、創業者の地元・本社が新潟だからです。地元の方にお世話になっているという思いからの地元愛ですね。
耐震性の高い本社を設立し、災害時はビル内の食堂を市民に開放し、避難所として提供すると発表していることからも地元愛はすばらしいものです。

調べていきますと、ブルボンの工場(柏崎工場、上越工場、長岡工場、新潟工場、新潟南工場、五泉工場、新発田工場、村上工場)は全て新潟にあります。
販路を広げるというより、地元でやる、といった姿勢ですね。

2016年12月5日(月)に北陸3県(富山県、石川県、福井県)で販売再開され、
2017年 2月6日(月)から長野県と山梨県でも販売されることになりました。

2016年12月19日~2017年1月1日、東京駅にあるブルボンのアンテナショップ「パティスリーブルボン」で1日500個限定で1人1個までという販売もあったようですが、現在は終了しています。

ということで、現在購入可能なのは新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、山梨県での地域限定販売となります。
販売店はコンビニエンスストア、量販店、ドラッグストア、小売店、売店などとされています。価格は定価ですが、コンビニが比較的簡単に見つけられます。

スーパーなどでの平均価格は税抜198円、最安値は178円(アイス割引セールなどチラシによる価格)で売られていることもあります。
販売価格は税抜で225円です。一般のアイスと比べてわりと高めですね。

うらやましがられるでしょうけど(だからこそ書いてます!)
私の住む地域では売っています。発売当初はセブンイレブン限定とか聞いた気がしたのですが、今はその他のコンビにでも見かけるようになりました。

ルマンドとは


ここであえて、ルマンドのおさらいをしますね。
ルマンド:13本入り 162円(税込み)
1974 年(昭和 49 年)に発売したサクッと香ばしいクレープクッキーで、幾重もの繊細なクレープ生地を甘さをおさえたココアクリームで包んでいます。
40年以上にわたり、愛され続けてきました。2016年6月より新パッケージデザインになったそうです。

姉妹商品は「ホワイトロリータ」「ルーベラ」「バームロール」「エリーゼ」「チョコリエール」などです。
奥様のおしゃべり会やお茶会などで出てきそうなおしゃれお菓子ですね。

ちなみに3個で1,000円とかでありそうなコーナーには「ミニルマンド」としてキャラメル味があります。
さらに新商品でルマンドホワイトが出たんですよ~。

ルマンドアイスの気になるお味は?自作とは違うの?

発売当初から話題になった一方で価格が高い・売ってないので自作しますという人も多くなりました。モナ王にルマンドをはさむという感じですね。

味についてはいろんな人の意見があるので、世間的には賛否両論です。
あんまり・・・、ただはさんであるだけ・・・という方もいれば、実際のものは自作の1000倍はおいしいという方も。

私はダンゼン「おいしい!」派です。
私は自他共に認める、違いのわからない男ですが、このルマンドアイスの違いはわかりました。
モナカの食感は冷えていても(そこそこ)パリッとした感じです。モナカのあるある、グニャっとした感じではありません。
中のバニラアイスはただのバニラアイスではなく、程よく甘さをおさえた本当にルマンド用のバニラアイスが使われている(ハズ)です。

ルマンドのようなおしゃれお菓子のイメージを崩さない、かといって高級感とはまた違う、ワンランク上の上品さがあります。

自作でいいわ、といっている人にどうしても伝えたい、でも自作するしかないからわからないんだよね、でもやっぱり知ってほしい!というおいしさがあります。

ルマンドアイス、通販では買えるの?

北陸などの限定された地域は遠くて行けない、という方は通販で買えないかと思いますよね。いわゆるお取り寄せですが、残念ながらありません。
また、全国販売についてもまだ未定ということです。

他の購入手段としてネットでの購入もできなくはないのですが、値段の壁があります。

[おさらいですが、定価は243円です]

>ルマンドアイス 12本セット[簡易包装版]

価格:4,200円
(2017/3/19 04:06時点)


楽天市場では1つの会社しか取り扱ってなく1個当たり350円かかります。


アマゾンでは1個当たり600円・・・。

ヤフオクでは落札の相場をみてみると10個で2,600円、5個で1,500円など、1個当たり260~300円で購入できそうですが、送料がヤマトクール宅急便でだいたい1,000円くらいかかりそうです。

アイスなのでクール便は必須で送料も高く、送料込みの値段で考えるとやはり価格の高騰がみられます。
それでも食べたい熱い情熱とお財布の紐の具合を天秤にかける必要がありそうですね。

私のおすすめは友人知人や親戚などに頼むことですが、本当にツテのない方にはアテもない話になってしまいますね。

まとめ

ルマンドアイスはどこで買えるかについてお話してきました。
地元愛のあるブルボンだからこそ、全国販売も今の段階では未定で、応援もしたいしでもやっぱり食べたい複雑な気持ちになりますね。

どうしてもという方は、旅行に来た際にコンビにも立ち寄ってはどうでしょうか?
いや、コンビニ目的で旅行か・・・

いつか全国販売されて、おなかいっぱいルマンドアイスを食べれることを願っています。

-食べ物
-,