せいかつがかり

生活に関する色々な情報をお届けします

USJ

USJ年間パスには入場除外日がある!VIPへアップグレード方法

毎シーズン、さまざまな企画で賑わうUSJ、今年のGWではクールジャパンがアツいですね。
年パス持ってることだし、ゴールデンウィークにはUSJに行こうかとお考えの方もいるでしょう。

ここで注意です!その年間パス「VIP」ですか?
年間パスには「通常の年間パス」と「VIP年間パス」の2種類があります。
通常の年間パスには「入場除外日」というものがあり、
指定された日にちはその年間パスを持っていても、入場できません。
こちらでは、ではどうする?混雑は?VIPパスにするには?の視点からお話します。

USJ年間パスには入場除外日がある!

冒頭でもお伝えしたように、VIP年間パスは入場除外日の制限はなく、
1年365日何度でもUJSライフを楽しめますが、通常の年間パスには入場除外日というものがあります。

2017年以降で言いますと、

2017年
3月 19日、25日~31日
5月 4日~6日
8月 12日~14日
9月 17日
10月 8日
11月 4日
2018年
3月 25日~31日
4月 29日
5月 4日、5日

出典:ユニバーサル年間パス入場除外日|USJ

年間パスの裏側にも書いてありますね。
このように除外日が設定されているのは、混雑すると予測される時期にあわせ、
年間パスを持っていない通常の方にも多くきて楽しんでもらいたい、
というのが、表向きの意向です。

一般年間パスを持っているから割引がきく、とかは一切なく、
除外日には、通常のチケットを購入させて儲かるという仕組みですね。

ここでおさらいをしますね。

1デイ・スタジオ・パス(1日入場券)
大人 [12歳以上]: 7,600円(税込)
子ども[4~11歳]: 5,100円(税込)
シニア[65歳以上]: 6,830円(税込)
2デイ・スタジオ・パス(連続した2日間の入場券)
大人 [12歳以上]:12,800円(税込)
子ども[4~11歳]: 8,620円(税込)
ユニバーサルVIP年間パス
・除外日なし
・年間パス限定特典付き
大人 [12歳以上]:34,800円(税込)
子ども[4~11歳]:20,800円(税込)
ユニバーサル年間パス
・除外日あり
・年間パス限定特典付き
大人 [12歳以上]:22,800円(税込)
子ども[4~11歳]:16,800円(税込)
※年間パスの特典
・同伴者の1日入場券の割引
・同伴者の1日入場券の誕生月の割引
・駐車場1,000円割引
・シネマギャラリー誕生月5%割引き
・オリジナル・レザーアクセサリー10%割引き
・メースニュース配信

年間365日気にせず楽しみたい熱烈ファンの気持ちと価格の差(12,000円)、
どちらをとるか、うまくできています。

単純に計算しますと
VIPパスなら1日入場券4.58回分、つまり5回以上
一般パスなら3.0回分、
期限の1年間にVIPパスなら5回以上、一般パスなら3回以上行くのならお得になります。
しかし、一般パスには入場除外日の制限があり、
例えばゴールデンウィークなどに2日以上いくのであれば、
VIPパスの方がお得ということになりますね。

22,800円(一般パス)+12,800円(2日)=35,600円 > 34,800円(VIPパス)
※(VIPパスと一般パスの差額は12,000円)

こちらから、このGWにUSJにどうしても行きたい!2日間思いっきり遊びたい!
という場合、VIPパスにアップグレードするという方法がとれます。(後述します)

が!

冷静になってください。
私ならわざわざUSJが「この日は混むよ~。」という日に行かなくても、
と思ったりしてしまいます。

そこで考えてみました。本当にGWは混むのか?

GWを逆発想で考えてみた

よほど熱烈ファンでない限り、一般年間パスを持っている方のほうが多いでしょうね。
だって、あなたもそうでしょ?

・5回も行かなくても3回なら行くかな~。
・混んでる日避ければいいわけだし、そんな日にわざわざ行かなけりゃいいんだ。

そう思って一般の年間パスを買ったのだと思います。
そして、そんな人たちがGWに行かなかったとします。

USJはディズニーランドと比べて年間パスのハードル(価格)がかなり下げられて売られています。
実際、かなりの人が一般の年間パスを持っていることでしょう。
入場除外日には年間パスの保持者が分散するでしょうから、
一概にGWだからといって必ずしも年間パス+αで入場する人は少ないと思います。

それでもやはりGW。ガラガラということはまずありえないでしょうけど、
除外日は人が少なめになるということも考えられなくはないです。

今年2017年5月は4・5・6日が除外日です。
4月の29・30日、5月に入ると1・2日が休みなら1・2・3日が、
むしろ一般の年間パスを持っている方の狙い目、つまり混む日だと予測されます。

ご家族の休みの日を合わせるなど、いろいろ考慮することはありますが、
あながち入場除外日=混むではなく、
入場除外日=年間パスのライバルが減ると考えることもできます。

入場除外日に行くのなら、VIPへアップグレード方法

先ほど試算したように、一般の年間パスを持っていながらも入場除外日に利用するなら、2日以上いくのであればVIP年間パスへアップグレードするほうが少しだけお得になります。
アップグレードの方法ですが、USJのHP上で見ますと。「パーク内でのみ」VIP年間パスのアップグレードができます。といった表記になっています。
参考:年間パスをパークでアップグレード購入|USJ WEBチケットストア

つまり「入場」するためには1日券買わなきゃだめじゃん!と思いがちですが、
パーク入場口に向かって左側にある「ゲストサービス」で相談してみてください。
入園なくてもこちらを使えば差額の12,000円で入場除外日のないVIP年間パスにアップグレードできます。

ただし注意点があります。
有効期限は引き継がれるので、期限が残り少ないのであれば少しもったいない感じもします。
要は「期間」より期限内にあと「何回くるか」なので、期限が少ないときには気にしたほうがいいでしょう。
アップグレードはネット上でできませんが、更新または新規購入はネット上でできます。

2日以上の利用の際には宿泊先も考えなくてはなりませんね。
USJのホテル:楽天トラベル

まとめ

USJの年間パスの入場除外日についてお話してきました。
GWなどにUSJにいくのなら、通常の年間パスは使えませんが、
2日以上利用するならVIP年間パスも有効な手段です。

これに加え、混雑情況や待ち時間短縮のエクスプレスパスもうまく使い、
楽しいGW、クールジャパンを満喫されることを願います。

-USJ
-,