せいかつがかり

生活に関する色々な情報をお届けします

健康・ヘルスケア

花粉症の薬でおすすめなのは?眠くならないのは?よく効くのはどれ?

くしゃみや鼻水・鼻づまり、目のかゆみなどに悩まされる花粉症、
本当につらいものですよね。
学校や仕事などで外出する際には眼鏡とマスク、それにお薬も必需品ですよね。

花粉の飛散するシーズンにはドラッグストアなどでも
花粉症対策のコーナーができ、いろんな薬が売られていますね。
そんな中、自分の使いたい用途に合った薬ってなんでしょうか?

眠くならないもの?とにかく効くやつ?ちょうどいいものって何?
そんな用途に沿った花粉症のお薬をご紹介していきます。

  

花粉症の薬でおすすめなのは?

花粉症の薬でまず大別されるの病院などで処方された薬か、市販薬です。
よっぽど重症な場合、病院に行ったりもするでしょうけど、
仕事を休んでいくべきか、病院へ受診する時の待ち時間などの理由から
市販薬の方が手軽に感じますよね。

病院で処方される薬から、それに合った市販薬をあげていきます
まずは、ちょうどいいバランスの取れたお薬をご紹介します。

よく効いて眠気の少ないアレグラ

よく効いて眠気の副作用が少ないアレグラはおすすめのお薬です。
アレグラはスタンダードな花粉症の薬です。
よく効き、眠気の副作用が少なく、花粉症の症状の緩和の他に
症状が出る前から予防としても有効な薬です。

スギ花粉やヒノキ花粉のほかに、ダニやハウスダストが原因で起こる
通年性のアレルギー性鼻炎にも効果があります。
くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状が1年中続いている方に重宝します

効き目と眠気、予防にもいいということでアレグラはとても優れていますので、
おすすめです。

病院での処方薬:アレグラ
ジェネリック :フェキソフェナジン
市販薬    :アレグラFX
※15歳以上が対象で、現在15歳未満のお子様でも飲める市販薬はありません。

>【第2類医薬品】アレグラFX 14錠【楽天24】[アレグラ 鼻水の薬 錠剤]

アレグラより少し強力なザイザル

アレグラが効きにくいという方にはザイザルがおすすめです。
花粉症薬のなかで中程度の効果の高い位置づけになります。
即効性が高く、花粉症の症状があらわれてから飲んでも、
充分に効果を期待できます。

花粉症によるアレルギー性鼻炎の他、じんましん、皮膚炎への効果もあります。
鼻炎を抑える効果も、眠気の作用も少し強くなりますが、
強さと副作用のバランスに優れています。
後述する強力な薬のジルテックから眠気を抑えた改良品なのですが、
眠気もありますので、服用後の車の運転や高所での作業は避けましょう。

ただ、ザイザルは処方薬のみで、市販薬はありません。
※お子さんは7歳以上から服用可能で、
 7歳未満の小児でも生後6ヶ月からザイザルシロップの服用が可能です。

眠くならないクラリチン

花粉症のアレルギー症状を抑える効果の持続時間が長く、
飲んでも眠くならないのが特徴です。
眠気で仕事に支障が出て困る方に最適な、おすすめな花粉症の薬です。

薬の作用は強くありませんので、ひどい花粉症症状を一気に解消する力強さは
期待できませんが、症状に対する有効性は高く、持続時間も長いという点で
鼻水が止まらない・飲んで一日持ってほしいという方におすすめです。

花粉症・アレルギー性鼻炎の以外にも、じんましん、
皮膚疾患(湿疹・皮膚炎など)の症状に効果があります。

病院での処方薬:クラリチン
ジェネリック :ロラタジン
市販薬    :クラリチンも処方薬のみで、市販薬はありません。
クラリチン成分ではありませんが、眠くならない市販薬はストナリニSがいいです

>【第2類医薬品】ストナリニS 24錠【楽天24】[ストナリニ 鼻炎薬/鼻水/錠剤]【by03】


市販薬で眠くなりにくい薬を探したいときには、
抗ヒスタミン成分が入ってないものを選びましょう。
ですが実は、抗ヒスタミン成分=花粉に効く薬です。
薬には一長一短の部分があるので、選別は難しいところです。
市販薬で「眠くならない」をうたっているものがいいですね。

最強クラスの効きめジルテック

強力な効き目を求めている方におすすめな花粉症の薬はジルテックです。
ジルテックは、花粉症の薬の中でも最強クラスの効き目があります。

ジルテックは1日1回の服用で1日中効果が持続し、花粉症症状を改善します。
通年とおしての鼻炎にも効果があり、
ひどい症状でも即効性のある効果が期待できます。

一方、眠気の副作用も強く、服用後の車の運転や高所での作業は避けましょう。
お酒との相性も悪く、花粉症とはいえ飲みたい時にはジルテックは要注意です。
ひどい眠気と倦怠感を引き起こすことがあります

前述したアレグラ < ザイザル < ジルテックといった強さの目安となります。
他の薬と同様、じんましん、皮膚炎へも効果があります。

病院での処方薬:ジルテック
ジェネリック :セチリジン
市販薬    :コンタック鼻炎Z、ストナリニZ
※15歳以上が対象で、現在15歳未満のお子様でも飲める市販薬はありません。
処方薬は錠剤が7歳以上、ドライシロップが2歳以上から処方可能です。
希望するときには医師の指示に従うようにしましょう。

>【第2類医薬品】コンタック鼻炎Z 10錠【楽天24】[コンタック 鼻水の薬 錠剤]

>【第2類医薬品】ストナリニZ 10錠【楽天24】[ストナリニ 鼻水の薬 錠剤]

まとめ

花粉症の薬は弱いものから
クラリチン < アレグラ < ザイザル < ジルテック
眠くならないのはこの逆の順となるようです。

症状がひどい時には強力な薬だと即効性もあるようですが、
仕事などしているときにはあまり強力で副作用も強い薬も考えものですね。

使われる用途に適した薬選びをして、
つらい花粉症から少しでも楽になれるといいですね。

つらい花粉症とはさよなら?舌下免疫療法についてはこちら
花粉症治療の舌下免疫療法とは?費用や期間、効果は?受けれない時は?

-健康・ヘルスケア
-,