せいかつがかり

生活に関する色々な情報をお届けします

暮らし

水道が凍結して水が出ない 自分でできる対処法 ウチはこれで直った

寒い冬の夜から朝にかけて、気温はぐっと下がり、
水道が凍結してしまうこともあります。
水道が凍結すると、水が出なくなり、なにかと困ってしまいますね。

何とかしたいけど、素人だし、調べても水道の栓とか水抜きとかわからない。
自分のわかる範囲でどうにかできることはないかとお探しではありませんか?

水道が凍結してしまった場合、まずは何をすればいいか、
安全にできる対処法をご紹介します。

  

水道が凍結して水が出ない 凍結するとどうなる?

水道が凍結しやすい条件

寒くなると水道管がみんな凍結するわけではありません。
どのような状態のとき、水道管は凍結するのでしょう。

・気温が-4℃以下のとき、特に夜になりやすく、
・水道管が屋外や日陰、風の通る所にあって、
・水道管がむき出しになっているとき

家の古い新しいに関わらず、このような条件の時には、
水道管が凍結しやすいです。圧倒的に夜のことが多いです。
また、気温が-4℃といわれていますが、水道管が北側にあって、
風の吹いている場所では、氷点下近くでも凍結しやすいです。

水道が凍結するとどうなる?

私も以前、水道の凍結であれこれと対処しましたが、
その間も何かと不便で大変な思いをしました。

水が止まると、こんな状況になってしまいます。
・水が出ないのでご飯は炊けないし、
・冷凍食品をレンジでチンしても、洗い物ができない
・トイレが流せないから、「大」が特に・・・
・洗顔や歯磨きができないし、お風呂にも入れない
・洗濯機も使えない
・子供にミルクも作れないし、哺乳瓶の消毒もできない

水を使っていることのほとんどができなくなるので、
とても不便で、生活が成り立たなくなってしまいます。
なによりいつまでこんな生活が続くんだろうという不安があります。

ひとり暮らしの方ならなんとかしのげるかもしれませんが、
家族持ち、そして小さい子がいるとかなりこたえます。

水道が凍結して水が出ない 自分でできる対処法

蛇口は無理にひねらない

水道管が凍結した場合は、蛇口をなるべくひねらないようにしましょう。
蛇口の中のパッキンも一緒に凍結しています。
凍結した状態で、蛇口を無理に開けようとすると、
水量を調節するゴムパッキンが破損して水漏れをしてしまうことに繋がります。
パッキンが破損しますと、その蛇口はもう水を止めることが
できなくなってしまいます。

水道が通るようになったときに、どうしても水が出るか確認しますよね。
少し水が出るくらいぶん、蛇口を開けておいて、
頻繁に触るのはやめておきましょう。
その際、開けっ放しにしたことを忘れないようにしましょう。

タオルを巻いてぬるま湯をかける

凍結している水道管に対して、蛇口や水道管を温めて溶かしていく方法の
ひとつです。

ここでの注意点は沸騰したばかりの熱湯をいきなりかけると、
急激な温度変化で水道管が破裂してしまいます。
蛇口は金属でできていますが、凍ったガラスコップに熱湯をかけるのと同じように
破損する場合があります。

あっついお湯でガーーーっと溶かしたいところですが、
氷を溶かすときには焦りは禁物です。
水道管の周りにタオルを巻いて、その上からぬるま湯(40℃ほど)
をかけていきます。こうすることで、熱を徐々に伝わらせていくのです。

ところで、水が出ないって言ってるのにお湯をかける、
そのお湯にする水はどこから取ってきましょう?

湯船にお湯を張っていたのであれば、ラッキーというか不幸中の幸いです。
外に雪が積もっているのであれば利用できますね。
なにもない時には、自宅以外のところから、
もしくは次の方法を試してみましょう。

カイロを使う

ホッカイロなどを低温の暖房品を凍結した部分にあてます。
これも直接当てるのではなく、タオルやガーゼなどの
布の上からあてるようにしましょう。
カイロであれば、一定時間熱を保っているので、ゴムや針金などで巻いて固定し、
その場にいなくても、徐々に溶かしていくことができますね。

ドライヤーを使う

ドライヤーの温風を水道管や蛇口にあてていきます。
この場合も熱すぎる温風をあてないよう、適度に離して当てたり、
タオルを巻いて蛇口周囲の熱がこもるようにあてていきましょう。

カイロと違ってドライヤーの放置は危険です。
火事になれば水道管は溶けるかもしれませんが、被害は凍結以上ですね・・・

溶けるまで待ちます

すぐに水が必要でないのなら、溶ける待つのが確実です。
お昼頃には気温が上がって、溶けて水道も使えるようになります。

ウチはあれこれ外の水道管や、給湯器の下からドライヤーなど、
試しましたが、改善せず、結局この「放置」で直りました。
翌日の気温がそう上がったわけでもありません。
最低気温も0℃か1℃ぐらいでしたが、意外に溶けるものです。

水のトラブル対応の業者に電話したところ、費用がかかるし、
お昼あたりまで待ってみてくださいといわれました。
たいていの方がそのままの放置で直るようですので、
なんとか朝をしのぎ、お昼あたりに溶けるのを待ってみましょう。

まとめ

水道の凍結で水が使えなくなると、非常に不便です。
でも、なんとかなるものだということを心に留めておきましょう。
この不安感だけでも解消したいものですね。

また、水道が復旧したときのことも考え、
無理に蛇口をひねらない、
熱湯をかけない点はおさえておいてください。

復旧したときの水の出るありがたさは感動ものです。
当たり前の生活が普通にできる、大切なことなんだと気付かされます。

-暮らし
-,