せいかつがかり

生活に関する色々な情報をお届けします

暮らし

ふるさと納税でお得に?住宅ローン控除の併用もOK 今なら楽天が狙い目

2016/12/08

ふるさと納税って言葉は聞いたことがありますよね?

ある自治体に寄付金としてお金を払って、
そのお礼品としてその地域の名産物などをもらえて、
さらに、翌年度の税金が控除されるというものです。

こちらのページでは、ふるさと納税について初めてという方を対象に
ふるさと納税をお得に使う方法、
住宅ローン併用について、
今行われている楽天スーパーセールのふるさと納税についてのメリットについて
楽天で利用するメリットについて
ご紹介します。

  

ふるさと納税でお得に 節税もできる?

ふるさと納税は、全国の自治体の中の応援したい所に
寄付金を送ることができる制度です。
「ふるさと納税」という名前ですが、ご自分の出身地でなくてもいいのです。

ふるさと納税を受けた自治体は、その寄付金を地域の取り組みに活用します。
ただ寄付だけでなく、私たちがその自治体に対し、どのような活動に
寄付金を使ってほしいかを選ぶことができます。

多くの自治体が、お礼としてお肉や海産物など、地域の名産品などを送っています。
お礼品を通じて、新たな地域の魅力を知ることができます。
ふるさと納税は、地方を応援する私たちと全国の自治体をつないでくれる
日本を元気にする制度なのです。

寄付によって税金の控除を受けた
ふるさと納税をすることによって、税金の控除が受けられ、
上手に活用すれば、自己負担は年間で実質2,000円に抑えられます。
寄付した金額は確定申告をすることで、その年の所得税より還付されたり、
翌年度の個人住民税から控除されたりします。

2015年には、控除の上限額が約2倍に引き上げられるとともに、
「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が作られ、
年間で5自治体までの寄付は確定申告をしなくても
控除が受けられるようになりました。

控除を受けるためには、控除上限額と必要な手続きが決められていますので、
必ず確認しましょう。
手続きに関してはふるさと納税をする時にまた注意事項として記載されますが、
覚えておきたいのは、
・申請しなければ、控除を受けれないこと
・ワンストップ特例を受ける場合は翌年の1月10日まで
ということです。

バッチリタイトルにまで書いてしまっていますが、
ふるさと納税は考え方としては、「寄付金」です。
お得になることもありますし、税金が控除されますので節税とも考えられます。
その点での認識はご了承お願いします。
ただやっぱり、せっかくの制度ですから活用したいですね!

住宅ローン控除の併用もOK 上限額を確認しておきましょう

ふるさと納税をするときに自己負担金を最低額(2,000円)に抑えながら、
寄付するためには、控除できる上限額を把握することが大切です。

年間に払う住民税の2割くらいが上限の目安になるのですが、
難しい話になりますので、
年収から寄付上限金額のおおよそがわかる一覧表や
源泉徴収票の内容から確認できるシミュレーションがあります。

初心者の私が使いやすいと感じたのはこちらです。
ふるさとチョイスの控除金額シミュレーション

よく勘違いされるのが、住宅ローン控除を受けているから
ふるさと納税は控除できないという方がおられます。
住宅ローン控除を受けている場合は、自己負担額が増える可能性があります。
住宅ローン控除をしたあとに控除すべき税金が残っているかが
ポイントになるわけですが、まだ控除できる場合は
自己負担が2,000円で収まることになります。

こちらも上記のシミュレーションの
「上級編 控除額の詳細を計算してみたい方へ」で確認できます。

私の考え方
控除できる上限金額ギリギリで自己負担金2,000円で収めたいということで、
難しくどれくらいまで?と計算したりしましたが、
私は、超えた場合は純粋に「寄付金」でいいのではと思っています。

手続きが完了したのちに、
税金の控除
・その年の所得税からの還付
・もしくは翌年6月から次の年5月の12か月間にわたっての住民税からの減額
が受けられます。

楽天などクレジットカードで支払いするのがおすすめ

今、楽天カード人気ですよね。CMでもよく見ると思います。

せっかくなので、ポイントのつくクレジットカードで
お支払いするのがおすすめです。
ポイントの還元率は1.0%のところがほとんどでしょうけど、
せっかくならもらえたほうが、ね。

ここで、注意点なのですが、ご自分の税金の控除を申請する際には
ご自身の名義のクレジットカードを使いましょう。
登録されている名義が違っていると、本人が購入(寄付)したことにならず、
情報が刺し違ってしまいます。

今だと楽天スーパーセールのふるさと納税がおすすめです。
もらえるポイント10倍で、還元率10%、
10,000円の寄付金で1,000ポイント
20,000円の寄付金で2,000ポイント、
つまり自己負担ぶんの2,000円が還元できてしますのです。
スーパーセールは12/8 1:59まで、ぜひおすすめです。

ふるさと納税のできるサイトはそれぞれ特色があります。
その中で私は楽天をおすすめしたいです。
楽天は取り扱っているお礼品が少ないほうですが、
貯まったポイントが他の(通常の)楽天でお買い物できることと、
今は線を引いてありますが、スーパーセールでのポイント倍付け効果が大きいことです。
スーパーセールはわりと頻繁に開催されていますよ。
次回にまた期待したいですね。

楽天市場のふるさと納税はこちらから

" target="_blank">

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ふるさと納税の概要を簡単にご紹介しました。

手続きなど詳細は進めて予備知識なしで進めていってもできると思います。
控除の上限額が気になるのでしたら、事前に把握しておくと、
上手に制度を利用できますね。

ワンストップ特例制度の寄付金の時期は12月までです。
確定申告せずに簡単に利用するのであれば、お早めに、ご注意しましょう。

-暮らし
-,