せいかつがかり

生活に関する色々な情報をお届けします

冬(12~2月)のイベント

バレンタインで職場への義理チョコ 女子と友チョコ、男はおまけ

2月14日はバレンタインデーですね。
職場での義理チョコを渡す方も多いでしょう。
でも義理チョコって何かと悩むものですよね。

金額的にはどうしたらいい?とか
上司には違うものがいいかな?とか。

こちらのページでは、
バレンタインで職場への義理チョコ事情と
職場でのバレンタインの楽しみ方についてご紹介します。

  

バレンタインで職場への義理チョコ事情

最近のバレンタインは昔と事情が違うようで、
友チョコや自分チョコなど、女性に贈ることが増えてているようです。

とはいえ、職場で何もなしというわけにもいきませんよね。
職場での義理チョコについてお話していきます。

まず、義理チョコを渡すかどうか、根本的なところから申しますと、
「義理なので、仕方なしにあげている」という意味合いが強いと思います。

義理チョコの相場は?

義理チョコの相場はだいたい500~1000円くらいといわれています。
あまり高価なものだと「本命のチョコ」をもらったと勘違いして、
男性側が、ドキドキが止まらなくなってしまうことも・・・
勘違いされないように、そこそこのお値段のものがよいでしょう。

上司に贈る場合は少しだけお値段の幅を上げて、
例えば同僚には500円、上司には1000円などとし、
少しだけ区別したほうがよいでしょう。
年齢の高い方ほど気にしますよね、なんなんでしょ?

職場の環境によって変わる

職場の男性陣が少なければ、少しお高くてもよいでしょうし、
多ければ安くしたほうが、お財布にもやさしいですよね。

職場であなたが紅一点、そして男性陣が多いのであれば、
チョコなどの詰め合わせを休憩時間に合わせて置いておく
というカタチでよいでしょう。

また、女性も多いのであれば、女性職員たちで話し合い、
「今年のバレンタインどうする?」
と内々で擦りあわせをするという案もあります。

自分だけ高評価を受けて、後で「ぬけがけ」をしたとか
言われないように気をつけましょう。
恐ろしいですからね、女の職場って・・・

バレンタインで職場への義理チョコ事情 男性の視点

基本的にもらったものは、いただきますよね。
ただ、バレンタインについては、ホワイトデーという
お返しをする日を公的に用意されています。

こちらにつきましては、男性の個人の考え方や、
もらったときの状況にも多様ありますが、
一人あたりとしてもらった場合は
ホワイトデーにはきちんと返すべきですよね。

ただ、これは「もらった」という事実のもとのお話。
義理チョコなんだから無くてもかまわない・むしろやめてほしいという
お返しが面倒という声があります。

バレンタインに職場で女子と友チョコ、男はおまけ

上記を踏まえまして、女性があれこれと悩む気苦労に対して、
男性はそれを受けとめているわけではない、ということがわかります。
(あくまでも義理チョコの話ですよ)

ここで提案なのですが、
女性たちで思い思いのチョコなど持ち寄って、
お昼時間の後やおやつタイム(あるの?)の時に
女子会のようにワイワイと友チョコなり食べるのはどうでしょう?。

そこへ男性職員も手を伸ばしやすいように、ご自由にどうぞなり
呼び止めて、○○さんもよかったらどうぞ~と1コ渡します。

そしてそのようなスタンスだと、もらった男性もお返しとか感じませんし、
女性陣たちは楽しんでいれば、それでよしですからね。

けっこう、女性たちがキャピキャピと嬉しそうにお菓子など
つまんでいる姿は男性から見ると楽しいものなんですよ。
そんな感じで充分です。

義理チョコにあれやこれや考えず、女性たちで楽しんでしまいましょう。

まとめ

最近のバレンタインはいろいろ風潮も変わってきています。
昔のように義理がたく贈るべき日ではなく、
男女ともにチョコを媒介としてコミュニケーションを深める日
となっているようです。

職場でもバレンタインを楽しめる、そんな日になるといいですね。

-冬(12~2月)のイベント
-,