せいかつがかり

生活に関する色々な情報をお届けします

健康・ヘルスケア

インフルエンザにマスクは効果ない?感染予防に使われる意味とは?

2016/11/25

冬に入り、これからインフルエンザの季節になりますね。
10人に1人は感染すると言われるくらい、
強い感染力で、あっという間に流行します。

インフルエンザの予防に有効といわれるが、うがい・手洗い・マスクです。
マスクは街へ出歩いてもたくさんの人がつけていて、珍しくなくなりました。

しかし近年、海外からは「日本人はマスクをつけすぎだ」と言われていますね。
はたしてインフルエンザ予防にマスクは本当に効果があるのでしょうか?

  

インフルエンザにマスクは効果ない?マスクを通り抜ける?

私たちがよく付ける一般的なマスクには、
どれくらいの効果があるのでしょうか?

一般的な不織布マスクの繊維の隙間は5マイクロメートルと言われています。
それに対し、インフルエンザウイルスの大きさは0.1マイクロメートル。
ちなみに、スギ花粉の大きさは30マイクロメートルと言われています。

花粉に対しての効果はバッチリですが、
インフルエンザに対しては全く、ザルですね。

ということで、ウイルスはマスクの繊維の隙間から通り抜けれるのです。
(インフルエンザではない他の感染症を引き起こすウィルスや、
細菌などは大きさが異なるので、この限りではありません。)

マスクの箱には「ウィルスを含む飛沫・花粉99%以上カット」と書いてあります。
花粉はわかります。まあ1%の可能性ぐらいいは仕方ないとして。
飛沫に関しては丁寧なマスクのメーカーでは「(3マイクロメートル以上)」など、
ちゃんと大きさを示しているものもあります。

では、ウイルスを含む飛沫って何でしょう?
咳やくしゃみから出た「ウイルスを含む」飛び散るしぶき
のことを示しています。
ウイルス自体を通さないと言っているわけでなく飛沫を通さないということです。
ちなみに、飛沫の飛ぶ距離は、咳で3メートル、くしゃみで5メートルだそうです。

すでにインフルエンザにかかっている方はマスクが有効ですね。
咳やくしゃみで飛ぶ飛沫で、他の人を感染させてしまうという
可能性が非常に少なくなります。

そして、どちらにせよ、
予防の意味でのインフルエンザウイルスは、マスクの隙間を通り抜けるため、
外からの空気中を漂うウィルスが入ってくるのは防げないようです。

それでは、マスクはまったくインフルエンザ予防に効果がないのでしょうか?

インフルエンザにマスクを使う感染予防。感染経路って?

インフルエンザ予防のためのマスク、しかしマスクはウイルスを通します。
では、インフルエンザウイルスが体内に入ってくるのは、
どのような経路から入ってくるのでしょうか?

インフルエンザの感染経路

飛沫感染:咳やくしゃみにより飛沫が飛び散り、感染する

接触感染:ウイルスが付着しているところを触った手で粘膜を触り、感染する

空気感染:空気中を漂うウイルスを吸い込み、感染する

といった3つの感染経路があります。
ただ、インフルエンザは空気感染はほぼ無いと言われているようです。
インフルエンザの空気感染については、積極的な証拠はないという状態で、
絶対ない、ゼロではないという程度です。

インフルエンザは、空気感染より飛沫感染が主な感染経路と言われています。
飛沫感染についてはマスクの使用で充分予防可能なことがわかりましたね。

接触感染については、何気なく手で鼻や口を触ることありますよね?
マスクをしていることで、ウイルスが付着してまった手で、
鼻や口から入るのを防いでくれます。
ついつい鼻や口やを触る癖がある人には効果的ですね。

インフルエンザ予防にマスクが使われる意味とは?

マスクには、もうひとつ「口内や鼻の中の湿度を高めてくれる」
という効果があります。

インフルエンザウイルスは乾燥した空気を好み、湿度が高いと活動が鈍ります。
厚生労働省でも、予防に効果的なのは
「50~60%の湿度を保つ」と紹介されています。
のどの湿度が上がればインフルエンザに感染しにくくなるということですね。
適度な湿度は粘膜の乾燥を防ぐため、
口内や鼻の中の湿度を保つには効果的といえるでしょう。

マスク内の温度が28.4~32.8℃、湿度79.0~90.6%と、
マスク内は吐く息によって温度湿度ともに高い状態となることがわかっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
インフルエンザにマスクは効果ないかについてお話してきました。

インフルエンザウイルスはマスクの繊維を通り抜けてしまうほど
小さいのですが、マスクをしていることで他者からの飛沫感染・接触感染は
防ぐことができます。

また、マスク内の湿度が高いことでインフルエンザに感染しにくいことが
わかりました。
結果ですが、マスクは効果があるということですね。

これからインフルエンザが流行する事態に備えて、
マスクを正しく付けて感染予防に努めたいですね。

マスクの付け方についてはこちらをご参考にどうぞ
マスクの正しい付け方 裏表があるって本当?選び方と注意点

-健康・ヘルスケア
-,