せいかつがかり

生活に関する色々な情報をお届けします

暮らし

子供が散髪を嫌がる時には?バリカンでおすすめなものも紹介

お子さんが散髪を嫌がって、切らせてくれないとお悩みでしょうか。私の子供も小さいうちはすごく嫌がりました。時には押さえつけて切ったり、寝ているときに切ったり、とあれこれ試したりしました。

こちらでは散髪を嫌がるお子さんに対しての対処法と短時間で簡単に散髪出来るおすすめのバリカンについてご紹介します。

  

子供が散髪を嫌がる時には?

子供って散髪嫌がりますよね。全ての子供がそうではないんでしょうけど、私の長男も3歳頃になるまではすごく嫌がりました。保育園にも通うようになって、同じ年の子たちはおしゃれな髪型やかわいらしく切り揃えていたりしているのを見て「この子は散髪する時おとなしいのか、いいなぁ」とうらやましく思ったものです。

検索して調べているのでしょうから、あなたのお子さんも相当嫌がるのでしょう。

お気に入りのテレビを録画したものや、普段見せないスマホでのYouTube、普段はあまり触らせたくないけど、大人が使っているから興味津々のガラスのコップやフォークなどを触らせたり、いろんな手段で何とか興味を他にむけて切ろうと奮闘していると思います。

私の子供のお気に入りは当時流行ったアナ雪の歌が流れている映像やプーさんのお話(ともにYoutube)でした。時には自分で髪を切って見せて、「ほら、なんにも痛いないよ~」とやってみたり、大きめの鏡を持ってきて切っている様子を見れるようにしたりしています。

今思えば、嫌がる子供を無理やり押さえつけて切っていた時期が悪かったのだと思います。おそらく無理やりなんかされる恐怖と、助けてくれるはずのお父さん自らハサミを持っていたり。実は耳を少し切ってしまったこともあります。あれは後悔しました。嫌がるから手元が動いて切ってしまったのですが(傷は浅くて幸いでした)、相当痛かったと思います。

もちろんかっこいい、かわいい髪型なんていえたものではありません。何とか切っただけ、というときもありました。ウチの場合、何度か回数を重ねていくうちに、最初は嫌がるものの「あと少しだけ」を繰り返して、なんとか揃えれるくらい引き伸ばせたこともありました。小さめのはさみで何度も少しずつ切っていくので30分~1時間くらい奮闘したこともあります。

一度怖いと植えつけられてしまうと、なかなか切らせてくれようとしません。あれこれ工夫して切らせてくれるようになるといいのですが、本当に(親が)お手上げの場合、家でのカットも難しいこともあるでしょうね。

子供が散髪を嫌がる 床屋さんなんて無理と思ってない?

何かに気を取られているうちに・・・というのは通用せず、発狂しそうなくらい嫌がってどうしても無理というお子さんもいるでしょう。そんな子に床屋さん・散髪屋さんはどうでしょうという提案です。「これだけ嫌がるんだから、お店の人も迷惑だろうし、どうせ切らせてくれないよ」と思うでしょう。私もそう思っていました。

しかし、床屋さんでもそんな子供をうまくあやして切ってくれるところもあります。子供が自分で椅子に座ってカットしてもらう方法と、お母さんに抱っこしてもらってカットする方法があります。床屋さんでは、だいたい抱っこカットの方が割高みたいですが。

普段髪を切り慣れているプロは、やはり親の私たちとは比べてはいけないんでしょうね、嫌がって泣いても、頭を少々動かしても、見事にカットしてくれます。小道具やおもちゃを使っての気のそらし方など「さすがだな~」とうなる事もありますよ。
家で四苦八苦するより、本当に楽なので、一度行ってみたらいかがでしょうか?まずはあなたが普段通っている美容室で相談してみるといいでしょう。

他に子供専門のヘアカットしてくれるところもあります。内装から子供向けに作られていたり、カット用の椅子がおもちゃの車になっていたり、鏡のところにテレビがあってアニメが流れていたり、子供心をくすぐりそうな工夫がされています。

○○(地域名) 子供専門 カット」と検索すると出てくるでしょう。

私の地元、福井での子供カット専門店はこちらです。店員さんはもちろん、店内はかなり充実しており、県外から来る親御さんもいるようです。
サンテ美容室 - 福井県坂井市の子供美容室

東京首都圏を中心に展開しているお店ですが、こんな専門店があります。
こども専門美容室 チョッキンズ
スパイスモードの展開ブランド|子ども専用の美容室・美容院

子供の散髪 バリカンでおすすめなもの

ここまで散髪を嫌がる子供についてお話してきました。専門店が見つかればお任せのほうが楽ですし、家でできるなら簡単なほうがいいですよね。ここでおすすめのバリカンを紹介します。

公式ページはこちらです
カットモード 毛クズ吸引 ER511P | 家庭用散髪器具 | Panasonic

髪をカットしていくためのいろんなアタッチメントがついていて、短髪だけでなくショートカット(長め)の髪でもカットしていくことができます。何よりおすすめな点は切った後の髪を落とさずに吸引してくれることです。説明書には「90%吸い込みます」的なことが書いてあります。

バリカンの音が怖いというお子さんにはまだ難しいかもしれませんが、切った髪を気にせずに短時間で切っていくことができるので本当におすすめです。無理やり、、髪をまき散らしながら切っていくよりは楽だと思います。あまりにも簡単ですので、切りすぎには注意しましょう。

ウチの子はハサミが怖いということだったので、家でわりと時間をかけてバリカンでなら切らせてくれます。耳の上など細かいところは、本当はハサミでしたいのですが、バリカンでも可能です。

まとめ

散髪嫌いのお子さんの対処法についてお話してきました。子供の散髪について美容師さんに聞くと、子供が嫌がっている間は無理にやらない方がよく、まず慣れさせて、例えば親が髪を切っているところ見せ、安心させるたりすることが大事だそうです。

実際の場面では、(すぐ嫌がるので)お子さんの散髪をしようと、親も意気込んでしまいますので、子供も構えてしまうのかもしれませんね。

口で言っても実際は難しいかもしれませんが、親も子も安心してカットできて、かっこいい・かわいい髪型にできるといいですね。かわいい髪形とともに、ガマンしたことを思いっきり褒めてあげてください。

-暮らし
-,