せいかつがかり

生活に関する色々な情報をお届けします

暮らし

冷房と除湿の電気代どっちが安い?つけっぱなしがいいって本当?

ここ数年、暑さがひどくエアコンなしでは過ごせなくなりましたね。部屋を涼しくするためにあなたは冷房と除湿どちらを使っていますか?

冷房はもちろん、除湿でも部屋は涼しくなるように感じるし、結局どっちを使ったほうが電気代は安いのか気になりますよね。そしてこまめにオンオフするよりつけっぱなしがいいって聞いたことありません?その真相をお話します。

  

冷房と除湿、除湿には2種類ある

冷房と除湿の電気代の比較をする前に冷房と除湿の違いについてお話します。除湿には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」にわかれます。

「弱冷房除湿」は昔からエアコンについているいわゆる普通の除湿、「ドライ」と表記されているかもしれません。「再熱除湿」はお高めのエアコンについている「カラッと除湿」「さらら除湿」などとメーカーによって呼び方の違いはあります。こちらの違いについてみていきます。

●冷房
室内の温度を下げるための運転。
室温を下げる目的ですが、副産物として湿度も下がります。
実は湿度は3つの中で一番下がります。

●弱冷房除湿
室内の湿度を下げるための運転。
部屋の温度を下げつつ(冷房しつつ)部屋の湿度も下げます。
除湿する過程で温度を下げた空気は、そのまま部屋に戻されます。
実は除湿能力も冷房より低いです。

●再熱除湿
室内の湿度を下げるための運転。
部屋の温度を下げないよう、湿度だけを下げます。
除湿する過程で温度を下げた空気は、設定された温度に温められて部屋に戻されます。
実は除湿能力も冷房より低いです。

ということで

冷房能力
冷房>弱冷房除湿>再熱除湿(ほぼ0)

除湿能力
冷房>再熱除湿>弱冷房除湿

それぞれに使い分けについてはこちらも参考にどうぞ
冷房と除湿の違いは?賢い使い分けの方法 気になる電気代は?

冷房と除湿電気代が安いのはどっち?

除湿の再熱除湿方式はエアコンから取り込んだ空気を除湿した上で、さらに部屋に戻すときに冷えた空気をあたためなおして戻すという過程を経て室内に戻ってきますので、冷房や弱冷房除湿より工程が一つ増えます。その結果電気代が他より高くなってしまうのです。

電気代は結果的に「再熱除湿>冷房>弱冷房除湿」という順で再熱除湿が高くなります。「除湿運転は高くなる(再熱除湿のこと)」「冷房より除湿のほうが電気代は安い(弱冷房除湿のこと)」と世間的にも意見が分かれているのはこの2つの除湿方式があるためです。

ということで、電気代をおさえたいときは、弱冷房除湿や、高めの温度に設定(25~28℃)した冷房がおすすめです。

冷房と除湿、つけっぱなしがいいって本当?

上記のことから弱冷房除湿や28℃ほどの冷房が電気代が安くつくということがわかりましたが、世間的にはこまめにオンオフするよりつけっぱなしがいいって聞いたことはありませんか?

いくら電気代が安い運転方法を選んだからってつけっぱなしにするって電気代が高くなりそうですよね。こちらの真相に迫っていきましょう。

エアコンはつけたときの立ち上がりの運転がパワーを要し、電気代がかかります。真夏の日中高くなった室温を下げる時ですよね。しかしその後は自動運転で、しかも最近のエアコンは室温を見張る機能が充実しているのでエコ運転をします。

そこそこ涼しくなってきたから、節電のために切る。暑く感じたらまたつけて・・・と繰り返していると電気代が高くなるのは目に見えていますよね。なので、冷房で設定気温に達したら自動運転、もしくは通常の除湿(弱冷房除湿)に切り替えて自動運転をすると必要な時だけ働いてくれるので、あとはお任せ運転でいいのです。

買い物やコンビニに行く程度の外出であれば、つけっぱなしのほうがエコなのです。ちなみにエアコンを切った瞬間暑く感じることってないですか。外気温にもよりますが、真夏はエアコンを切るとすぐに室温が高くなることがあります。

ただし、長時間の外出ではエアコンは切るようにしましょう。いくらつけっぱなしがいいからといって、日中会社などへ行って仕事しているのにエアコンの冷房をつけっぱなしにしていると、真夏の昼間の一番電気代もかかるし、外気温との差でエアコンががんばる時間帯にいないのでは、ただの浪費です。

主婦の方など在宅している方はもちろん使用していて問題ないですが、長時間家を空けるときには切ったほうがいいです。帰宅して暑いのがイヤならタイマー予約しておけばいいでしょう。

その他エアコンを上手に使うには扇風機やサーキュレーターを併用したり、すだれやUVカットの窓フィルムを使用するなどの工夫ができますね。

まとめ

エアコンの冷房と除湿の電気代についてお話ししてきました。

真夏には欠かせなくなったエアコン、涼しい時期と比べて電気代はかかってしまいますが、賢く使ってエコで快適な夏を過ごせるといいですね。

エアコンについての関連記事はこちら
冷房と除湿の違いは?賢い使い分けの方法 気になる電気代は?
夏のエアコン子供への影響は?設定温度は?昼の過ごし方、夜寝る時は
機能も価格もお高い省エネエアコンは最終的に安上がり?買い替えのポイント
かわいい湿度計って何やし? 快適な温度や湿度、設置場所のおさらいも

-暮らし
-,