せいかつがかり

生活に関する色々な情報をお届けします

暮らし

年賀状を出してない人から来た場合の返事の書き方 いつまでに出す?

2016/12/13

今年の年賀状は届きましたでしょうか?
どっさり(?)届いた年賀状を家族のぶんを仕分けしたりしながら、
自分に届いたぶんの年賀状のチェックは楽しいものですね。

と、そこへ自分が出していなかった人から届いていることもあります。

返事書かなきゃ、と早いうちから動ける方はいいのですが、
年末年始で帰省していた等して、返事が遅れてしまう、という方もいるでしょう。

ここでは、遅れて出す年賀状の返事はいつまでならよいか?と書き方、
さらにその「いつまで」に遅れた場合、どうするかをご紹介します。

  

年賀状を出してない人から来た いつまでに出す?

年末年始は実家で過ごして、帰省から戻ってきた場合、
1月3日あたりが多いでしょうか。

子供の冬休みに合わせて、長めに休みをとり、旅行などすると
1月6日とかになったりするかもしれませんね。

もしくは、すっかり忘れていた等。

できれば、届いてすぐ返事を出せるのが理想ですが、
そうもいかないときもあります。

すぐ返事を返せる場合は、
なるべく1月3日までには年賀状が届くようにしましょう。
会社などでの正月休みは3日までが多いのではないでしょうか?
それ以降だと顔は合わせて年始の挨拶も済んでいるのに、
気まずい、ということになります。

3日までに届けれない場合、
間に合わないからと言って、そのままにしていると相手の方に失礼なので、
気付いた時点ですぐに出すようにしましょう。

年賀状の返信期限は1月7日「松の内」までには届くようにします。
7日までが正月で、それ以降は寒中見舞いとなります。
寒中見舞いについては下のほうで述べます。

※すぐに返事を出せるようにしましょうとありますが、
出し忘れ対策にあらかじめ年末のうちから、
何枚かすぐに出せるように年賀状を用意するとよいでしょう。

私の家では夫婦合わせて、10枚余分に
宛名は白紙、裏面は印刷してある状態で用意しています。

年賀状を出してない人から来た場合の返事の書き方

まず、決まり事としてですが、
年賀状を遅れて出す場合には「元旦」は使えません。
元旦は1月1日の朝を指すので使わないようにしましょう。
「迎春」「賀正」「謹賀新年」などの賀詞は問題なく使えます。

年賀状が遅れたことに関してお詫びの一言ですが、
1月3日までに年賀状を出せるのであれば、
「早々に年始のご挨拶をありがとうございました」と書き添えると
「こちらが出したから返したのだな」という印象を与えてしまいます。
早々に対応できる3日までなら一言なくてもよいでしょう。

それ以降に日にちを超えるのでしたら、
会社の上司など気を遣う相手には年始の挨拶が遅れたお詫びや、
年賀状をいただいたお礼を一言添えて出すようにしましょう。

近しい存在の相手でしたら、いい訳のようにならないようにサラリと書きます。
「遅くなってすみません」程度でもよいでしょう。

できるだけ早く年賀状を届けるには、ポストへの投函ではなく、
集荷を行なっている大きめの郵便局に直接持っていくとよいです。
「投函→集荷」の無駄な時間を短縮することができますのでおすすめです。

年賀状の返事が遅れたら寒中見舞いを

もし何らかの理由で年賀状の返事が1月7日以降に
なってしまうようでしたら、寒中見舞いとして返事を出します。

寒中見舞いも期間が決まっており、
1月8日~2月4日頃までは「寒中見舞い」になります。
年賀状の返事もこれ以上遅れることはないでしょう。

寒中見舞いについてはこちらもどうぞ
寒中見舞いを出す時期はいつまで?使われる用途や書き方を紹介

年賀状の余ったものは使用しないでください、
寒中見舞いには年賀はがきは使えませんので、通常の官製はがきを使います。

特に決まった形式はありませんが、一般には

季節の挨拶
「寒中お見舞い申し上げます」
「余寒お伺い申し上げます」 などの決まり文句

先方の安否をたずねる言葉/自身の近況を伝える言葉/先方の無事を祈る言葉
「厳しい寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか」
「寒さの続く今日この頃、皆様にはいかがお過ごしでしょうか」

「おかげさまで私どもは無事に過ごしておりますので、ご安心ください」

「まだまだ寒い日が続いておりますので、お風邪などひかれませんよう
 ご自愛ください」
「それでは、くれぐれもご自愛くださいませ」

日付
名前
のように書きます。

「拝啓」などの頭語や、「敬具」などの結語は不要です。

年賀状の返事が遅れた内容を書く場合には、「書き忘れた」などの言葉を使うと、
相手を不快にさせてしまうので、言葉遣いには注意しましょう。

年賀状が遅れた返事の一例をあげておきます。

寒中お見舞い申し上げます
早々に新年のご祝詞を頂きましてありがとうございました
新年のご挨拶が遅れ申し訳ありません
本年も変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます
今年は寒さが厳しいようです。皆様もどうかご自愛下さいませ
日付
名前

というような感じになります

まとめ

いかがでしたでしょうか?
年賀状を出していなかった人から届いていると焦るものですが、
できるだけ早めの返事をお心がけましよう。

私自身、ここ数年ずっと年賀状だけのやり取りで出すかどうか
微妙な間柄の友人なり知り合いがいます。
数年分だけでも、相手からいつ届いた、自分がいつ出したなど
リストを作ることで傾向を見ることができます。

そのような間柄で今回返事が遅れたりした方は、ご参考にお試し下さい。

-暮らし
-,